乱視用・遠近両用のレンズデータの見方・調べ方

 

乱視用・遠近両用の使い捨てコンタクトレンズを使っている方で、
とても安く購入できる通販サイトを使おうと思っている方は少なくないでしょう。

 

中には、処方箋なしで購入できるサイトもありますから、忙しい方はとても助かります。

 

ただし、通販サイトでのコンタクト購入は、定期的に眼科に通っている方、
自分のコンタクトのデータがわかる方だけ行いましょう。

 

乱視用や遠近両用のコンタクトが初めての方や、しばらく眼科へ行っていない方は、
一度しっかりと眼科で診察を受け、処方箋を出してもらうか、
処方に基づいたコンタクトを買ってから、通販サイトを利用してください。

 

では、手元に、医師に処方してもらったコンタクトがある方が、
乱視用、遠近両用のコンタクトを買う際、レンズデータをどうやって確認するとよいのでしょうか?

 

乱視用のコンタクト[CY/CYL][AX/AXIS]の見方・調べ方

乱視用のコンタクトの注文には、普通のコンタクトと同じように、まずはBCの数値が必要です。

 

そして、コンタクトのD/PWR(度数)か、SP/SPH(球面度数)のどちらかのデータが要ります。
さらに、CYもしくはCYL(円柱度数と)、AXもしくはAXIS(乱視軸)の数値も必要です。

 

CY/CYL(円柱度数)と、AX/AXIS(乱視軸)の見方や調べ方は、何となく難しそう、と思われるかもしれません。

 

しかし、手元にある乱視用コンタクトレンズのパッケージを見れば、きちんと書いてあるはずですから、そんなに難しいことはありません。

 

乱視用コンタクトレンズの箱の側面には、BCやDIA、PWRといった数値の他に、CYLやAXISの数値も記載されています。

 

CYLは、CYと書かれていることもあり、数値の前に「−」がついていることが多いです。
AXISは、AXと書かれていることもあり、0°から180°で記されますが、
「20」「180」など、「°」の付かない表記の場合もあります。

 

また、商品によって、CYLが-0.75と-1.50だけだったり、もしくはもっと選択肢が多かったり、様々です。
自分に合うものを購入するためには、安易に手持ちのものと種類を変えず、
医師の処方に基づいて購入した乱視用コンタクトレンズと同じ商品を、同じデータで注文することが大切です。

 

乱視用コンタクトの処方箋なし通販!

【激安】コンタクトレンズ処方箋なし購入OK!通販はこちら

 

遠近両用のコンタクト[ADD]の見方・調べ方

遠近両用コンタクトレンズには、独自のレンズデータであるADDという数値があります。
ADDとは手元補正用の数値であり、加入度数のことです。
遠視の方が近くを見るための度数ということですね。

 

ADDも乱視用のデータと同じくコンタクトレンズのケースに記載してありますので、
処方箋なし通販で購入する際は、必ず確認をして、間違いのないようにしましょう。

 

コンタクトレンズの基本レンズデータについて

コンタクトレンズ度数、BC、DIAなど、基本的なレンズデータについてはこちらで解説しています。
コンタクトレンズ度数・BC・DIAの見方について

 

 

コンタクトレンズ買うならココ!

乱視用コンタクト[CY/CYL][AX/AXIS]と遠近両用[ADD]の見方と調べ方関連ページ

コンタクトレンズ度数・BC・DIA
コンタクトを通販で購入する時は、自分自身でレンズデータを見る必要があります。 とは言っても、すべてのレンズデータは、コンタクトのケースに書いてありますので、 順番に見ていけば誰でもレンズデータを自分で確認することができます。